公務員試験学内講座民法選択肢一覧17(<代理6【代理行為の瑕疵,代理人の能力】>(民法【公務員試験】)

【76頁以下】
2 代理行為の瑕疵
⑴ 代理行為に瑕疵があった場合の原則
 代理行為に瑕疵(たとえば,錯誤があったかどうか,詐欺に遭ったかどうか)が認められるかどうかは,「代理人」を基準に決定する。
⑵ 特定の法律行為をすることを委託された場合(例外)
 「たとえば,…」以下の具体例を確認しておきましょう。

【代理行為と詐欺】
1 相手方が代理人に詐欺を行った場合
2 代理人が相手方に詐欺を行った場合
 53ー4。
3 相手方が本人に詐欺を行った場合
4 本人が相手方に詐欺を行った場合

3 代理人の能力
 代理人は,行為能力者であることは必要ではない。
 つまり,未成年者や成年被後見人などを代理人として選任し,これらの者が代理人として行為した場合には,その効果は本人に帰属することになる。
 50ーウ,51ーオ,54ー1。


早めに面接のイメージをつかむことが,内定への近道です。
公務員試験 受験ジャーナル Vol.6 29年度試験対応は模擬面接の再現や,典型的な質問リストが掲載されているため,役立ちます。


関連記事

テーマ : ■公務員試験■
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:やすだたかゆき

Amazonプライム
カテゴリ
メールフォーム
ご質問,お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ
にほんブログ村ランキング
もう少しでランキング一位です。下記ボタンから投票下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ツイッター
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
56位
アクセスランキングを見る>>