【余談2】方法序説

最近,「上手くいく」ということにこだわる人が多いです。

受講相談等でも,「それで上手くいきますか??」という質問を受けることがありますが,はっきり申し上げると,答えようがありません。

他の受験生や,他に仕事で上手くいっている人(あるいはそのように見える人)が実践しているから,自分にも合うというわけではありません。

他人の成功例は,眉唾ものだとして「参考程度」にしておく必要があります。みなさんは,その成功している人とは違うのですから。

巷に出回っている成功例について出てくるポイントは,意外に「決定打」になっていないことが多いです。

資格試験で話をすると,例えば,司法試験であれば,「条文素読をした。」,「判例六法を読みこんだ。」,行政書士試験であれば,「司法試験の過去問をやりこんだ。」,公務員試験であれば,「新聞は読まずに受かった」等がそれにあたるでしょう。

自分の中で「何が重要なのか」を常に審査しながら,「自分の能力を高めていく方法」を「自分自身」で決定していくべきでしょう。

今日は方法序説 (岩波文庫)を読んでいたのでちょっと書いてみました。また,時間のあるときに,参考になりそうな一節を紹介していく予定です。

たまには,古典的文献にあたってみて,未来を見据えてみるのはどうですか??

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:やすだたかゆき

Amazonプライム
カテゴリ
メールフォーム
ご質問,お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ
にほんブログ村ランキング
もう少しでランキング一位です。下記ボタンから投票下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ツイッター
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
721位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
72位
アクセスランキングを見る>>