FC2ブログ

予備校本か学者本か(司法試験受験生向き)

以下は,司法試験受験生向けの記事です。

受験業界の永遠の争点である,教材に何を使うのかという点について考えてみます。

私は,学び始めは,C-BOOKシリーズを愛用していました。
学部生のころまでは,これで十分であり,また,大まかなことは学ぶことができました。

しかし,判例法理の考え方を習得するにはいささか不安があるという結論に至りました。

そこで,ロースクール進学後は,ケースブック(設問がついているものも判例集として利用)を中心に使用することにしました。

具体的には,まず,事案を整理しながら,問題の所在を抽出し,判例が何を問題としているのかを丁寧に潰していきました。その過程で,判例の考え方を押さえることができ,短答式対策にもつながったように思います(なお,百選はインデックス代わりに用いていました。特に憲法は,百選引用部分では足りません。)。

その後,学者の本も使用するようになりました。まさに1冊を基本書として据え,理屈を突き詰めていくとともに,参考文献で使えそうな記述を基本書にメモしたり,ルーズリーフに手控えとして保存していきました。

ただし,重要な点として,基本書のいわゆる「通読」は行っていません。
常に,「学者執筆の演習ものを答案構成」→「分からないところを基本書で補う」という過程を繰り返していました。こうすることにより,問題と自分の基本書との橋渡しを意識していました。

基本書は,メジャーなものであれば何でもいいでしょう。大切なのは,演習物に引用されている件数が多いものを選ぶべきです。自分の基本書をどのように利用できるのかを,演習を通じて知ることができるからです。




← 私が使用していたのはこちらのシリーズです。


以下のリンクから,私お勧めの書籍を購入できます。
↓  ↓  ↓  ↓
http://astore.amazon.co.jp/takadayasuyuki-22

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 司法試験

にほんブログ村 公務員系資格(公務員試験)

人気ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:やすだたかゆき

Amazonプライム
カテゴリ
メールフォーム
ご質問,お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ
にほんブログ村ランキング
もう少しでランキング一位です。下記ボタンから投票下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
最新記事
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ツイッター
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
50位
アクセスランキングを見る>>