判例学習法(法律学習法2,公務員試験向き,司法試験初心者向き)

法律学習を進める上で,行き詰る可能性があるものの一つとして,「判例の学習」が挙げられます。

たとえば,憲法であれば,どのような違憲審査基準を用いて事案判断を行なっているのかに目を奪われがちでしょう。

しかし,もう少し,広い視点で見て下さい。

判例は,社会の制度等について説明を加えることが多々あります。

例えば,薬事法違憲判決事件では,「許可制は……」として,「許可制」に関して評価を加えています。

また,袴田事件では,「政党は……」として,評価を加えています。

このような点は,論証の前提となる事項ですので,押さえておくことが重要でしょう。
また,答案上で,これらを意識した論述ができれば,「丁寧に押さえている」として,印象が良くなります。

さらに,マークシート式の試験においても,正確に正誤判断ができるようになります。

判例をベースに学習を進めている方も多いと思いますが,もう一度,素朴な気持ちで,読んでみましょう。新たな発見が多々あると思います。

以下のリンクから,私お勧めの書籍を購入できます。
↓  ↓  ↓  ↓
http://astore.amazon.co.jp/takadayasuyuki-22

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 司法試験

にほんブログ村 公務員系資格(公務員試験)

人気ブログランキングへ

問題1(専門記述対策2,公務員受験生向き,司法試験初心者向き)

試験時間は60分で設定して下さい。
【問題】
表現の自由に対する規制立法が問題となった場合,どのように違憲審査を行うべきかを,職業選択の自由に対する規制立法が問題となった場合と比較しながら論じなさい。(1200字程度)。


解説レジュメ等は1週間後に配信予定です。
まずはチャレンジしてみましょう。

続きを読む

内容中立規制って??【基礎理論整理編】(司法試験,司法試験初心者向き)

(基礎理論整理編)
Q1. 内容規制とは,「表現行為のメッセージ内容が何らかの社会的害悪をもたらすとして当該行為を規制する場合である」(争点118頁)。これに対して,内容中立規制とは,「表現行為のメッセージ内容ではなくその行為の外形が何らかの社会的害悪をもたらすとして当該行為を規制するもの」(同書同頁)である。具体例については押さえられていると思うが,一応述べておく。あるビラを貼ったとして処罰する場合,内容に着目して名誉棄損罪による規制を加えるのが前者である。これに対して,ビラを貼ったこと自体に着目して軽犯罪法1条33号に基づく規制を加えるのが後者である。

Q2. ある見解によると,猿払事件を担当した調査官は「直接的制約と間接的・付随的制約の区別と,表現の自由に関する内容規制/内容中立規制の区別は対応する」,また,「間接的制約と付随的制約とは同じ意味である」と考えていると評価されている(論点教室95頁)。その後,判例上,「付随的制約」という言葉は用いられなくなる一方,「間接的制約」という用語について言及は見られる。そこで,一度,これらの概念を丁寧に整理する必要があろう。

Q3. 内容に着目した規制は,「とりわけ権力にとって都合の悪い表現内容の恣意的抑圧の危険をはらむ」(佐藤261頁)といえる。それゆえ,特に警戒して厳格な審査をする必要がある。とはいうものの,次のような問題も提起されている。すなわち,内容中立規制であっても,規制される当該手段が,「人によっては極めて重要な意義をもつものであり,その規制につき頭から緩やかな審査が妥当するとみるべきであろうか」(佐藤262頁),という問題である。例えば,インターネットでの書き込みを規制することは内容中立規制として緩やかな審査が妥当すると考えるのであろうか??この例1つみても,機械的に考えることの危険性があろう。

(総括)
以上の簡単な整理によっても,内容規制,内容中立規制であることから,論理必然的に審査基準が定められることにはならないことが分かる。大切なのは,事案に応じ(あるいは,立場に応じ),内容中立規制であっても,厳格審査が妥当するのではないかという視点を持ちながら,分析を進めることである。

以下のリンクから,私お勧めの書籍を購入できます。
↓  ↓  ↓  ↓
http://astore.amazon.co.jp/takadayasuyuki-22

他の受験生,講師の対策法を知りたい方は,以下のリンクに良質なブログがまとまっています。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 司法試験

にほんブログ村 公務員系資格(公務員試験)

人気ブログランキングへ


テーマ : 資格取得
ジャンル : 学校・教育

『法解釈入門』山下純司他(有斐閣)(全ての受験生向け)



法的三段論法とはなんぞやというところを,わかりやすい例にとって説明。

某予備校の悪しき指導の結果,法的三段論法を,①問題提起→②規範定立→③あてはめと理解してしまっている方が少なからずいます。

もし,そのように理解してしまっている方は,早急にこの本の冒頭部分を読みましょう。

なお,後半にいくに従って,基本的論点の学習の仕方を丁寧に考察しています。
この部分に関しては,「入門」というよりは,「振り返り」と位置づけるとよいでしょう。

いずれにしても,最初から最後まで,「ガイドブック」として用いることができる良書です。

このブログでも,いずれ,この本をどのように読んでいくのがお勧めかを詳しくアップしたいと思います

乞うご期待!!

【送料無料】法解釈入門 [ 山下純司 ]

【送料無料】法解釈入門 [ 山下純司 ]
価格:1,995円(税込、送料込)


以下のリンクから,私お勧めの書籍を購入できます。
↓  ↓  ↓  ↓
http://astore.amazon.co.jp/takadayasuyuki-22

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 司法試験

にほんブログ村 公務員系資格(公務員試験)

人気ブログランキングへ

専門記述対策1(公務員試験受験生向き,司法試験論文初心者向き)

国税専門官等,憲法の記述を受けるという受験生もおられると思います。
しかし,多くの場合,そこまで手が回らないという方が多いでしょう。
特に,国税専門官試験においては,試験問題の長文化が顕著に現れており,面喰ってしまっている受験生も多いでしょう。

そこで,今回は,記述の勉強を通して,マークシート式試験のレベルも同時にあげる方法を提示していきたいと思います。
多くの受験生が「捨て科目」としてしまうところですので,少しでも得点を稼げれば,合格につながるでしょう。

試験は,あくまでも競争なので,他の受験生がそんなにやってないから「捨てる」というのでは,その他大勢と同じ土俵にいるだけになってしまいます。

ある科目を捨てるかどうかに関してもう少し述べると,例えば,国税専門官における「会計学」は,新しく知識を仕入れる等しなければならないため,やむを得ないところはあるでしょう。
しかし,少しの努力で大きく伸びる可能性がある記述式試験で,これを行うのはもったいないことはなはだしいです。

今後のこのシリーズの記事は,以下の構成になります。
⑴ 問題
⑵ 思考過程レジュメ
⑶ 答案構成レジュメ
⑷ 解答例

問題は,私が作成したオリジナル問題です。チャレンジしてもらった後で,類題にチャレンジするとよいでしょう。
以後,随時アップ予定ですので,お待ちください!!

以下のリンクから,私お勧めの書籍を購入できます。
↓  ↓  ↓  ↓
http://astore.amazon.co.jp/takadayasuyuki-22

他の受験生,講師の対策法を知りたい方は,以下のリンクに良質なブログがまとまっています。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 司法試験

にほんブログ村 公務員系資格(公務員試験)

人気ブログランキングへ



続きを読む

プロフィール

Author:やすだたかゆき

Amazonプライム
カテゴリ
メールフォーム
ご質問,お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ
にほんブログ村ランキング
もう少しでランキング一位です。下記ボタンから投票下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
最新記事
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ツイッター
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
56位
アクセスランキングを見る>>