【#行政書士】合格者の声5−1

本日は,また別の方のメッセージを公開します。

◆ 今回、あなたの合格の決め手となったのは何だと思いますか。
 試験の点数でいうと、民法は点数が取れなかったのですが、記述式と一般知識で点数を稼ぐことができたことです。また会社法も捨てずに学習してきたことです。先生の言われていた「二の矢、三の矢」を持つことの大事さが身にしみました。
 5月の連休にありました安田先生の「過去問道場」のアウトプット講義(※1)、及びその時の先生のことばを書きとめて、家のリビングに張り出して、家族への決意を表明したこと(※2)が、合格につながったと確信しております。

◆ 勉強方法、勉強スケジュール、本試験を受けるにあたっての心構え・戦略・技術論などについて受験生に対するメッセージがあれば、お書きください。
 直前期は、今までの方法でよいのかと疑問に思い他社の講座をネットでみたりしてしましましたが、今から思えば、安田先生の言われている内容、方法で進めていけば、択一のみで180点がとれ、ゆっくりとお正月がすごせたと思います。
 法的思考力が身につけば、傾向が変わった問題も解けるはず(※3)です。試験終了後に気がつきました。これからも法律を勉強するときは、立法趣旨を常に考えていきたいです。

***********************************************
※1 これは,今年「安田式主要三法」にパワーアップしています。安田式主要三法の詳細はこちらから!!

※2 このような表明によって,周囲の目が気になり,自然と学習に向かうことができます。言った手前引けなくなるという効果ですね。張り出された画像を拝見しましたが,私の言いたいことが漏らさずに書かれており,感動しました。

※3 「法的思考力」は,安田クラス合格者のキーワードのようです。みなさんも,法的思考力を備えることができる講義を受けてみませんか??
***************************************************





テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

【#行政書士】合格者の声3−7

本日は3−7ということでお送りします【合格者の声3−6】はこちらから。

今回の内容も、非常に参考になります。ご一読ください。

・ 私はノルマを決めてしまうとできなかったときに落ち込むし、「ノルマをこなすこと」だけに強迫観念が出てきて本来の目的(理解して成績を上げること)を忘れてしまうので、細かい計画やノルマは決めませんでした(※1)。

初学者のうちは先生が重要とおっしゃっていた部分に優先的に取り組んで「ひとつでも何か理解できたらOK」(※2)と考えていました。直前期は、今の課題や分野、具体的なやり方など方向性だけ考えておいて、ある程度優先順位をつけ、やる気になったときにその中から気の向いたものや、できそうなものから取り組んでいました。

このようなやり方だと、当然、苦手なところが残りますが、最初から苦手なところに挑戦するよりも全体的にレベルアップしてからの方が理解も速いので効率的(※2)だと思います。他ができるようになった分、「苦手なところさえ克服すれば合格レベルにもっていける!」というモチベーションも出てくるので、苦手なところは自主的にやろうと思えるまで無理にやりませんでした。(それまでは他の分野と併せてインプットするなど、濃度を薄めて少しずつ触れるイメージで…)

*************************************************************************************************************************************
※1 計画を立てるのは重要ですが、「細かすぎる」ものは不要ということですね。
大きな方向性を決めて、その方向に向かう中で微修正を繰り返すイメージが大切だと思います☆

※2 一つだけ確実なものを増やしていくという姿勢は重要です。

※3 1カ所の理解が深まると、他も引き上げられるというイメージです。
************************************************************************************************************************************

「専門書アカデミー」

テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

【#行政書士】合格者の声4ー1

今日は別の方の体験記も紹介します。
この方は、212点という高得点で合格を果たすことができたとのことです。


1.過去問以外の問題集の必要性について講師の方によっては、過去問以外の問題集を進められる方もいらっしゃいますが、個人的には中立的な立場です。   
 但し、手を出すのであれば「過去問が9割以上理由も含めて正解できるレベル」に達しておく必要があると思います。 私もそれらの媒体を利用していましたが、所詮は他資格に過ぎないということは常々意識していました。   
また、過去問は解くためのものではなく、分析するためのものであると考えています。

2.リンクを貼ることの重要性   
初学者時代の悩みは「もぐら叩き状態(憲法をやれば民法を忘れ、民法をやれば行政法を忘れる)」に陥っていたことでしたが、先生の「リンクを貼る手法」を用いることで、打破することができました。

リンクを貼り、横断的な整理をすることで、「点」ではなく「線」で理解することができ、記憶の定着を図ることができました。

3.フォルダでの整理   
ミクロな視点からではなく、マクロな視点からの整理を心掛けました。
例えば、行政上の強制手段の分野では、宝塚パチンコ条例事件の判旨を追いかけるようなことはせず、「どのような種類があるのか」「どのような論点があるのか」ということを何も見ずに書き出せるかどうかを実践し、知識の定着を図りました。(細かい判例の  知識は後からついてきました)   

また、先生が授業中に実施されていたワーク(例えば「共有」から思いつく単語を書く)も息抜きとして取り入れていました。

***********************************************************************************************************************************
私が授業で強調していたことを全て試してくださったようで講師冥利に尽きます。
私の講義を端的にまとめていただいたような内容になっています。
ご受講を迷われている方は、参考になると思います。

最後に記載されている思いつくワードを芋づる式に書いていくワークはお勧めです☆
************************************************************************************************************************************
初学者から合格を目指す「合格講座」のご案内はこちらから!!


テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

【#行政書士】合格者の声3−6

合格者の声3−5はこちらから】

下記は重要な指摘だと思います。参考にしてください。

〔勉強方法について〕
・ 大人になると「全く分からない」ことに対して思考停止しがちですが、分からないまま続けること、分からなくても自分の経験や思考力で解決することが大切だと思います。まず、「分からないまま続ける」は赤ちゃんが言葉を覚えるまでをイメージしてください。

赤ちゃんは言葉を理解していなくても家族は赤ちゃんに話しかけ続けるし、赤ちゃんは大好きな家族が話しかけてくれる言葉を一生懸命聞こうとします。そうして赤ちゃんが成長すると段階を経て言葉を覚えていきます。その当時は言葉を理解していなくても、その経験が後の言語発達にとって大切だということはご存知でしょう。

私は、勉強もこれと同じで全く分からない時期が無駄ではないと考えています。全く分からない時期は完璧に理解しようとするよりも、興味を持って聞くことに集中していれば良いと思います。次に、「分からなくても自分の経験や思考力で解決する」は大人になってから外国語を体験的に学習するまでをイメージしてください。全く英語を知らない日本人が海外に行って、買い物をしたときに「Thank you.」という言葉を聞いたとします。大人は赤ちゃんと違ってすでに母国語を習得しているし、状況判断能力も発達しています。「この言葉はよく使われているからきっと大事な言葉に違いない」「言うときに笑顔になるということは良い意味の言葉だろう」「去り際に言われたので、挨拶かな?」など色々考え、その後、誰かの落とした物を拾って渡したときに「Thank you.」と言われたら「ありがとう」だと気付けると思います。

さらに、「Thank you.」と言って「You’re welcome.」と返事をされたら、状況から「どういたしまして」だとすぐに分かるはずです。これは、すでに持っているコミュニケーションの経験や日本語の知識、思考力を外国語学習に活用させているのです。ここで「英語しゃべれないから!」といって思考停止してしまったら、こういった気付きは得られないはずです。法律学習もこれと同じで、自分の経験や知識と新しい知識を結び付けることで、単に「分からないまま続ける」だけの学習よりも速く深く学ぶことができます。アウトプットの面でも、知識として知らない問題だとしても諦めず自分の持っている他の知識や経験を活かして考えて正解することも多かったので、思考停止せず考えることは重要だと思います。
****************************************************************************************************************************************
私が講義で、外国語学習と似たところがあると述べていましたが、まさのその例として分かりやすく説明頂いています。

この方は、外国語学部ご出身ですので、そのことをすぐに肌で実感して頂いたのだと思います。
参考にしてください。
******************************************************************************************************************************************
初学者から合格を目指す「合格講座」のご案内はこちらから!!


テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

【#行政書士】合格者の声3−5

◆ 教科書・判例集・演習書・六法を読む際に、独自の工夫をしていましたか。工夫をしていた方は、その方法をお答えください。

・ その科目が開講される前にテキストにインデックスをつけておくと、検索しやすいのはもちろん、その科目の全体像を捉えられるので予習効果があると思います。

・ テキストにできるだけ一元化するようにしていました。(板書の内容を貼り付ける記述対策講座で出た問題を書き込むリンクのページ数だけではなく内容も書き込むなど )テキスト1冊にまとめておけば外で勉強するときにも便利ですし、他のことを調べるためにテキスト開いた際に目に入ると潜在記憶に残りやすい気がします。

・反省点としては、六法で条文を引く癖をつけておくべきだったと感じています。行政書士試験で扱う条文のレベルであれば引かなくても覚えているので大丈夫かもしれませんが、実務では事案に即して細かい条文を確認する必要があるので、学習を始めたときからこまめに条文を確認する癖をつけておいた方が良いと思います。
********************************************************************************************************************************
インデックスを付けるというのは良い方法ですね(→お勧めの学習ツールはこちらの記事で)
また、私の講義の特徴であるリンクを完全にものにしてくれているようです。下線部は参考のうえ,論点を整理しておいて下さい。になると思います。
リンク先との関連を押さえながら整理していけば、学者の本を使わずとも「体系的理解」が身につきます。
********************************************************************************************************************************

新しい投資のカタチ クラウドバンク

テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:やすだたかゆき

Amazonプライム
カテゴリ
メールフォーム
ご質問,お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ
にほんブログ村ランキング
もう少しでランキング一位です。下記ボタンから投票下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ツイッター
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
77位
アクセスランキングを見る>>